イボの適切な治療

イボの適切な治療

ウイルス性のイボと液体窒素

ウイルス性のイボは一般的に液体窒素での治療が利用されています。
しかし、これが適切かはイボの大きさなどによって一概にはいえません。
例えば、足の裏に食い込んだイボがあった場合、皮膚の中にまでウイルスが入り込み、1度の液体窒素では除去しきれません。
芯の部分にもウイルスが存在しているためで、全て除去しなければ再発の可能性があるからです。
この場合数回の治療を利用し1ヶ月くらいはかかりますが、患部の状態によっては1年くらいかかる場合もあるのです。
また、イボが大きくなったものは、1回のみでは芯まで除去することが難しくなっています。
液体窒素は人によって激しい痛みを感じやすく、何度も治療を受けるのが良いかは微妙なところです。

 

液体窒素で治りにくいイボの治療方法

では、治りにくいイボの場合液体窒素以外でどのような方法があるかというと、電気メスで患部を取り除いたり、ヨクイニンを服用しながら体の中から改善しやすくする方法もあります。
ほかにも麻酔をしてからレーザーで除去する方法などもあるため、痛みを軽減させながら治療効果を出す方法も利用できます。

 

液体窒素で治りやすいイボもある

もちろん液体窒素が有効なイボもあります。
小さいイボを除去し、サリチル酸を外用で塗布しながら治療すると1回で完治するタイプもあるため、イボによって適切な治療方法を選択するのが一番です。